【JKレイプ・AVレビュー】義父に昏睡レイプ調教され続けていた 吉岡ひより

JKひよりのオナニー
  • URLをコピーしました!

今回紹介するのは、吉岡ひよりちゃんのJK&レイプ作品です。

母の再婚相手である義父は、JKひよりちゃんに一度も怒ったことがなく、私立高校にも通わせてくれています。

しかし、実の娘でもないのに「何でそこまでしてくれるの?」という疑念から、ひよりちゃんは義父を嫌っている。

実際この直感は正しく、義父は、ひよりちゃんの飲み物に薬を入れ、昏睡状態にして、乳首をベロベロと舐めまわしたり、ドビュっと顔射したり、おま○こにち○ぽを突っ込んだりしていたのでした。

しかし、JKひよりちゃん本人には一切の自覚症状はなく、義父も痕跡を消すため、結局気づかずに終わってしまいます。そして、そんな事が何度も繰り返されていき、そのたび、昏睡状態にするために中毒性のある液体も飲まされていきます。

そのうち、無意識の状態にあるにも関わらず、JKひよりちゃんの体は敏感に快感を感じ始め、覚醒しても嫌っていた義父の言う事に従うようになってしまうようになります。

このように、この作品ではJKひよりちゃんが無防備な状態で執拗にレイプされる様子を堪能することができます。

AV作品「犯●れてるのに何で感じるの…」義父に昏●レ×プ調教され続けていた事に気づいた娘 吉岡ひより
AV女優吉岡ひよりジャンルJK・レイプ
販売日2021/12/9配信先FANZA
目次

“「犯●れてるのに何で感じるの…」義父に昏●レ×プ調教され続けていた事に気づいた娘 吉岡ひより”のあらすじ

冷蔵庫からペットボトルを取り出すJKひより。蓋を開けた記憶はなかったが、簡単に蓋が開き、不審に思う。

不審に思いながらそのまま飲むも、そのなかには義父の仕込んだ薬が入っており、眠りについてしまう。義父は、ひよりに声を掛けるがピクリとも反応せず。どうやら、熟睡してしまっているようだ。

ひよりが昏睡していることを確認し、義父はJKの若い体臭を味わう様に首筋をベロっと舐め、唇を指でねっとりなぞる。

そして、制服のブラウスを着せたまま、そっとJKの胸の感触を楽しむ。寝ているJKひよりに声を掛け、寝ていることを確かめながら、ボタンを外してブラジャーの色を確認する。

その後、いやらしい手つきと下心で渇いた唇をひよりの乳房に伸ばし、じっとりと感触を堪能。今度はJKの指を丁寧に味わい尽くすかのように、1本1本時間を掛けながらしゃぶり始める。

こうしてじわじわと若いJKの体を剥き出しにして、欲望の赴くままにイジくり始める。

おすすめシーン①:JKひよりがキャミソール姿で犯されるシーン

食後にキャミソール姿で眠ってしまったJKをソファーで犯すシーン。

JKの唇を指で軽く触ると、本能を剥き出しにして、そのままむしゃぶりつきます。

義父は、舌で唇をなぞるように舐め、歯茎にも舌を這わせると今度は指で唇を開いて歯を剥き出しにして触り始めます。

そして、舌でつるつるの白い歯を舐めしゃぶりつくすとキャミソールを捲り上げ、微乳を包み込んでいる可愛らしいブラジャーを剥き出しにして、カップをずらして小粒の乳首をイジリだします。その乳房の綺麗さに思わず見惚れてしまいます

JKひよりは、寝ているにもの関わらず、時折感じているかのように「んん、んん、はぁ、はぁ」と声を漏らしてしまいます。その瞬間が、とても可愛らしく股間が熱く隆起してしまいますw

義父は挿入までずっと、寝ているJKひよりに「可愛いね」「感じているんだねぇ」と声を掛け続けており、イラマチオをさせる際には意識がないのに「舐めてごらん」と言うなど、異様な変質さが表れています。

美尻やお○んこを執拗に舐めまわす、生ナマしさもドキドキさせられ興奮してきます。

おすすめシーン②:JKひよりが徐々に覚醒するなかで犯されるシーン

JKひよりが夢かうつつか分からない状態で、義父に犯されるシーンは、最初から最後まで興奮します。

最初は制服姿で眠っているひよりの唇・舌を、ひたすらにベロベロと舐めまわします。もうこの時点で、股間が熱くなってきます。

指を舐め、微乳を露出させると、舌を使って丁寧に舐めていきます。そして、イラマチオをさせたあと、昏睡状態のひよりに「さぁ、自分でいやらしく触って」と話しかけ、オナニーをさせます。

意識ないまま、くちゅくちゅと音を立てて、オナニーする姿がとにかくエロい。

その後、催眠にかかったJKひよりは「お義父さんのちん○んが欲しい」と言い、正常・バック・騎乗位・顔射とひたすらに犯されていきます。

最後まで意識もうろうとしたまま「お義父さんのちん○ん、気持ちぃぃ」と喘いでいきます。

JKひよりが徐々に乱れていく姿を、是非本編でご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次